スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑談】結局 VC++2008 Express Edition に戻した

VC++2010 EE を使うメリットが全くと言っていいほどなく、
起動遅いわ、再構築も時間かかるわ、デバッガ起動するのも遅いわ
メソッドの定義に移動するにもなんかいちいち読み込むわ・・・等々
一日も使ってないのにスムーズとは言えない動きをしていらっしゃったので速攻戻しました。

VC++2010 EE でリビルドとかしちゃうと、互換性がないためか2008の方では起動すら出来ませんでした。
とりあえず古いほうから新しい方にはいつでも移行可能なので
当面は VC++2008 EE を使おうかと思います。


しかし、std::tr1::shared_ptr や、std::shared_ptr が使えないので
元に戻ったといえばそうなんですが、せっかくなのでスマートポインタって言うのを使ってみよう!
と、今更もいい所ですが重い腰を上げて boost ライブラリを導入してみました。

とりあえず boost::shared_ptr, boost::scoped_ptr を使っていこうかなって思ってます。
中身も一部スマートポインタに変更して、リークしてないかのチェックも完了したので
これで解放し忘れから逃れられる!

使い方自体はアロー演算子がオーバーロードされてるので普通のポインタと同じく使用できるので
ソースに大幅な変更はなかったのでかなり嬉しかった。
これで超なんちゃって boost ユーザーになりました。

他にも使いやすい機能が沢山提供されているようなので
追々調べながら使っていく予定ですが、当面スマートポインタのみを使用していきます。


しかし最近の暑さが半端ない・・・。
ねちゃ~っとするし、べたべたするし気持ち悪い・・・
なんとか扇風機でこの夏を凌ごう。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

検索フォーム
プロフィール

DVDM

Author:DVDM
自作ゲームの開発過程ブログ。
赤髪愛なら誰にも負けない。

 
Pixiv バナー


ブロとも申請フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。