スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ゲーム開発】回転弾の実装

昨日眠気が来たので結局寝ました。
ある対象を軸にくるくると回転する弾(回転弾)を実装しました。

回転式のメモ
今まで通りの移動式だと、くるくる回転させる事は出来ないので
移動関数をオーバーロードし、回転弾専用の移動式を作りました。
こういう時に数学のちょっとした知識が役に立つのはいいですね。

中心点(Cx, Cy)が対象となる点で、半径(r)分、離した位置が
描画すべき座標(X, Y)ですのでこれを求めるには sin, cos を使えば求まります。

X = Cx + r * cos( D3DXToRadian(θ) );
Y = Cy + r * sin( D3DXToRadian(θ) );

θ はデグリー(度数法)ではなく、ラジアンでなければいけません。
(既にラジアンであれば cos(θ), sin(θ) になります)

デグリーからラジアンに変換するには DirectX で用意されてる
D3DXToRadian マクロを使えばいいかなと。

#define D3DXToRadian( degree ) (degree) * (D3DX_PI / 180.0f)

ラジアンからデグリーに変換したい場合は D3DXToDegree このマクロを使えばいいかなと思います。

このままだと同じ場所にずっと描画されてしまうので、
くるくるさせるには θ を変化させます。

θ += 変化分;

これで、ある中心点を軸にくるくる回る回転弾を作る事が出来ます。
半径r を変化させれば回転半径が変わりますし、θ の変化角では回転する速度が変わります。
また、中心点を毎フレーム取得するようにしていれば、
移動する物体を中心にくるくる回すことだって可能です。


回転弾
なんか地味ですね;
動画にすると解りやすいんですけどね~

画面左下の数字は、TOP10のスコアです。
保存できるようにしておきました。

残る基本的な弾発射は渦巻き弾くらいかな・・・と思います。
基本的なクラスを作ってもボスでどう使うかを考えないといけないのでかなりしんどそうです。
ボスよりも、敵の出現情報等を外部ファイルに置くとすると簡易パーサーも作る必要があったりするので
そっちも以外と苦労しそう・・・


なんか息抜きに尻~太ももの絵が描きたい気分です。
たまにはゲームとは関係ない絵もいいなと思います。

そう言えば絵なんですが、線画の立ち上げから仕上げまで
ずっと PhotoShop 一本で描いて来たのですが、ここ最近 SAI も使用するようになりました。

焔乃芹火(描き直し)、氷芽雪花、龍炎茜は線画は SAI で描いてます。
ブラシの線がとても綺麗なんですよね・・・
PhotoShop で 1pixel の線を描くと荒いのが目立つし汚いんです。

なので、ラフ~線画の完成までは SAI、色塗りはやっぱ PhotoShop がいいなと思いますので
このコンビで行きたいと思います。

気になるのは Intuos 5。
発売されたので見に行きましたが、ピンチイン、ピンチアウト的な機能がすげぇ><
使ってみたいですがお値段がちょっとアレでした;

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

検索フォーム
プロフィール

DVDM

Author:DVDM
自作ゲームの開発過程ブログ。
赤髪愛なら誰にも負けない。

 
Pixiv バナー


ブロとも申請フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。