スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ゲーム開発】キャラ絵の描き直しとFPS

どーーーーーしても気に入らなかったけど絵を描く気が起きず、
起きても線画が全然上手く描けずに断念してきた主人公:焔乃芹火(えんのせりか)。

[before](※クリックで原寸大)
焔乃芹火[前]




[after](※クリックで原寸大)
焔乃芹火[描き直し]


こうやって並べると全然違うなって思った…
全体的に柔らかい雰囲気になったような気がする。

気分がすぐれないついでに今回の線画は SAI で描きました。
SAI で線画を描いて着色までさせた絵はこれが初。
着色は相棒の PhotoShop ですけども、線画は SAI の方が断然いいなって昨日思った。

これからキャラ絵描く時は SAI も使ってあげようと思う。
しかし PhotoShop に慣れてしまっているせいでうっかりペンタブの右クリックを押してしまう><
スポイト機能がうっかり発動してしまうのは注意だ。

描きやすかったというのは、1Pixel のブラシで綺麗に線が引けたからです。
PhotoShop の 1Pixel ブラシは見た目が荒いのでいつも 2Pixel で描いてました。
主線が太くなるから色を抑えないと濃い絵になってしまいがちだからあんま好きではなかった。

敵キャラのグラも描かないといけないのかと思うと憂鬱になる。
物語がそこそこ決まり次第キャラも具現化していかないとね。




後は、今更ながら FPS を測定するクラスを作成した。
何の事はないただの FPS を測定するだけのクラス。
GetFPS メソッドを呼ぶと戻り値に FPS が返ってくる!!

始まりと終わりの差分をクラス内で行っているので使う側は
GetFPS を一箇所呼ぶだけの簡単なものにしました。

この戻り値を使ってとりあえずデバッグ用のフォントクラスに描画させました。
今の所 59~60[FPS] で安定してるようです。
弾をいっぱい描画して、当たり判定を行って、エフェクト出して~
となった時にどれくらい FPS を維持できるかも今後課題になりそう。


ブログにはずっと書いてますけど早くゲームの中身を作りに行きたいw
この際、力技でやったろかいと思ったことも幾度となくありますが
後々使いにくいってのを考えると今の内に少しだけでも考えておかないとな~

やりたい事をざらっと書いたらこんな感じでした
・敵弾のパターン作製(基本的な動き)
・敵弾の絵(バリエーション)
・ゲーム画面の UI(HPゲージとか、スコア表示とか)
・自機ショットの実装(前から仕様が変わったので再度検討)
・シナリオ(グラフィックメンドイので5人で何とかしようと思ってたけど話が作れないから止めた)
・風華のドット絵(自機でこいつだけドット絵がないという現状)
・BGM、SE の調達(自分で作りたいけどこれは非常にだるいのでフリーで使わせて頂きます)

とまぁゲームの中身を作る前で足止めを喰らっている状態です。
どうしても我慢できなくなったらある程度遊べる形を作りにいくかもだけど
そうなると敵弾のパターン作製が最重要項目になるのか。

色々なサイトを見て弾のアルゴリズムを拝借しようw
弾も丸いのばっかじゃ味気ないしこれもさくっと気が向いたら描こう。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

検索フォーム
プロフィール

DVDM

Author:DVDM
自作ゲームの開発過程ブログ。
赤髪愛なら誰にも負けない。

 
Pixiv バナー


ブロとも申請フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。