スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑談】ユーザー定義キーワードの色を変更する

ユーザー定義キーワード(ユーザーキーワード)と言うのは
自分で定義したキーワードというまんまの意味です。
例えば、typedef したものとかがそれに当てはまります。

で、その色を変える機能が、Visual C++ 2008 Express Edition で出来るのか解りませんでした。


個人的に予約語を typedef したものは色が変わって欲しかったです。
UCHAR, SHORT 等々、デフォルトでは黒文字なのでちょっと見にくいかなと最初は思いました。
(今は見慣れましたけども)

と言う事で今回はその記事を載せようと思います。
usertype.dat と言う名前で新しくテキストファイルを自分で作成します。
この中に色を変えたいキーワードを書いていけばOKです。

[usertype.dat の中身]
NULL
TRUE
FALSE

一つのキーワードにつき一行です。
後は usertype.dat を既定のディレクトリに入れるだけで準備はOKです。

インストール場所がデフォルトであるとすると、
C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 9.0\Common7\IDE
に usertype.dat があればOKです。
後は自分好みに色を変更するだけです。

VC++ 2008 EE を立ち上げ、
[ツール]→[オプション]→[環境]→[フォントおよび色]にあるダイアログボックス
【表示項目】の下の方に[ユーザーキーワード]と言う項目があります。
ここの色を変更すれば、usertype.dat に書いたキーワードの色が変わります。

上の例で行くと、NULL, TRUE, FALSE の三つが変わります。
もし色を変えたい項目を増やしたければ、じゃんじゃん usertype.dat に書いていきます。
この作業が面倒かもしれませんね;

で、usertype.dat に追加したり削除したり等、編集しても勝手に反映されないので
コンパイラを再起動する必要があります。
MSDN によると初期化時に usertype.dat を読み取るそうです。

役に立つのかどうか怪しい記事ですが自分用のメモも含めて書いておきたいと思いました。



で・・・だ。
今何してるのかって言うと、ポケモンのホワイトをDSとセットで購入しました!
DSのカラーはメタリックロゼ。
なかなか自分好みのいい色だと思います。
もうちょっと赤っぽければ更によかったかも?

今の所ジム8つ撃破したので一回目の四天王に向けて進んでいる所です。
ただ主力が三匹なので結構きつそうな気がしますw
残り三匹はひでん要員w

まぁ、ポケモンばかりやってるのもあれなので昨日プログラムをやっとりました。
と言ってもプロジェクトを進めると言うよりはソースの整理みたいな感じです。

ヘッダに書いてあった定義を宣言だけ(template 以外)にして
実装部をソースファイル側に移しました。
もしかしたら後にスタティックライブラリを作る可能性があるかもと思ったのでそうしました。

まぁ、公開しようとも考えてないので正直ヘッダに書いてあってもいいんですけどね~。
分けといた方がいいと言われているのでそうさせて頂きました。
もういっそのこと .hpp にしても良かったんじゃなかろうかと思うくらいでした。


今回は使いませんが、usertype.dat の中に u8, s8, u16, s16・・・を仕込みました。
次回のプロジェクトから使っていきたいなぁ~と思っとります。
u8 は unsigned 8bit。
なので、unsigned char 型と言う意味です。

s16 は signed 16bit。
なので、short 型と言う事です。
まぁ、環境によっては sizeof(型)は変わるらしいですが、
今の環境ではそんな事は起こらないので全然問題なし。
前の名残でございます。

・・・と、長々と書きましたが、風邪も完治気味なので引き続きやって行こうと思います。
しかし、自宅以外からブログを書いたのは始めてだw

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

検索フォーム
プロフィール

DVDM

Author:DVDM
自作ゲームの開発過程ブログ。
赤髪愛なら誰にも負けない。

 
Pixiv バナー


ブロとも申請フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。