スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コード】AS3.0でドラッグ処理!

今回は勉強したいなぁ~と思っていた Action Script 3.0 を使って
マウスイベントの一つ「ドラッグ処理」をやってみました。
たまには違う言語もいいかな~と思いますw
それに因んで、ASをカテゴライズ致しました。
という訳でレッツGO~♪


startDrag と stopDrag メソッドを使った方法です。
RedBox という名前のインスタンスは、ドラッグ対象の赤い箱の名前です。
各自お名前を付けてあげて下さい。

// ステージに配置された RedBox インスタンスを
// マウスダウン・マウスアップイベントに登録する

RedBox.addEventListener( MouseEvent.MOUSE_DOWN, RB_MouseDown );
RedBox.addEventListener( MouseEvent.MOUSE_UP, RB_MouseUp );


何かしらアクションがあるとイベントが発生します。
マウスクリック、キーを押した等あらゆるイベントが存在します。

まずは、イベントの登録をしてあげなくてはいけません。
addEventListener がそれを担うメソッドです。
MouseEvent.MOUSE_DOWN, MouseEvent.MOUSE_UP はそれぞれ、
マウスがクリックされた時と、クリックを放した時です。
コレがイベントのトリガーです。

そして、RB_MouseDown, RB_MouseUp はメソッド名で、
これは自分で付ける名前なので何でもOKです。
ですが、解りやすい名前にしておくにこしたことはありません。
今回はRB(RedBox)のマウスダウンと、マウスアップという名前にさせて頂きました。



// RedBox インスタンス:マウスダウンイベント
function RB_MouseDown( event:MouseEvent ):void
{
RedBox.startDrag( false );
}

// RedBox インスタンス:マウスアップイベント
function RB_MouseUp( event:MouseEvent ):void
{
RedBox.stopDrag();
};

それぞれ、二つの自作メソッドを作ります。
RB_MouseDown, RB_MouseUp 共に、マウス系のイベントなので
event:MouseEvent を指定しています。
クリックされたら、RedBox.startDrag( false ); が実行されます。
クリックされなくなったら、RedBox.stopDrag(); が実行されます。
それぞれ、ドラッグ開始メソッドとドラッグ終了メソッドです。


これで、RedBox のドラッグは開始されるのですが、
第一引数に false を指定するとクリックしたその位置でドラッグされます。
逆に true を指定するとドラッグ対象の中心を基準にドラッグされます。

言葉だけではあれなので、true, false を両方を使用しました。

※[画面をクリック]
※[ドラッグでインスタンスが動くだけのものです]
※[小さいのが true : 大きいのが false]



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

検索フォーム
プロフィール

DVDM

Author:DVDM
自作ゲームの開発過程ブログ。
赤髪愛なら誰にも負けない。

 
Pixiv バナー


ブロとも申請フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。